群馬県邑楽郡大泉町の医療法人 徹裕会 蜂谷病院
サイトマップサイトのご利用について
 
ペイン外来
 
 
 
 
 
 
 
 
ペイン外来は、麻酔科による痛みの治療です。
【 トリガーポイントと神経ブロックとは 】
局所麻酔剤あるいは局所麻酔剤を主剤とする注射剤で神経の痛みの伝達を遮断し、一時的に神経を休めます。局所麻酔剤が効いているのはせいぜい1〜2時間程度ですが、その後も効果が持続するのは神経を一時的に休ませることにより、「痛みの悪循環」とよばれる痛みを慢性化させる仕組みを絶つからです。
特にブロック注射は交感神経をブロックするので、血管を直接拡張させ、血流を改善し、治癒力を高めます。
 
 
【 痛みの悪循環とは 】
痛みがあると、その箇所の血管が収縮し、筋肉が緊張します。
その結果、血液の流れが悪くなり、痛みをおこす物質が生じ、さらに痛みを引き起こします。これを「痛みの悪循環」と呼んでいます。この循環に陥ると症状は慢性化し、もともとの痛みの原因がなくなっても、この痛みの悪循環が残っていると、いつまでも痛みが取れなくなります。
よって、どんな痛みでも痛みの悪循環によって慢性痛が形成される前に、処置を行うことが大切です。
トリガーポイント注射や」神経ブロックは、血流を改善し痛みをおこす物質を洗い出し、自然治癒を促進する働きがあります。お風呂に入って体を温めると痛みが楽になるのもこれと同じように血流がよくなり痛みを起こす物質を洗い出すからです。
 
【 麻酔科で行うトリガーポイント注射や神経ブロックを用いる疾患 】
筋緊張性頭痛、肩こり、五十肩、肩関節周囲炎、変形性腰椎症、脊椎すべり症、ぎっくり腰、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、慢性腰痛、筋筋膜性疼痛、坐骨神経痛、など
 
【 神経ブロックをもっと詳しく 】
硬膜外神経ブロックは、知覚神経、運動神経、交感神経をブロックする方法です。
腰部硬膜外神経ブロックが適応となる病
・腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎圧迫骨折
・ヘルニアや狭窄症の手術後の疼痛
・慢性腰痛症
・変形性股関節症、変形性腰痛症
 
 
気になる事があれば、お気軽にご相談ください。
tel 0276-63-0888
 
HOME病院からのお知らせ病院概要診療科のご案内採用情報入院・お見舞いのご案内交通のご案内病棟・施設のご案内
Copyright 2012 Hachiya hospital. All Rights Reserved.